自宅(事務所)の引越(移転)をした場合の社労士会への手続きについて

開業

 自宅を引っ越した場合、もしくは事務所を移転した場合、所属の社会保険労務士会に手続き(報告)する必要があります。
 個人的に自宅(兼事務所)を引っ越ししたため、備忘録を兼ねて手順と手続きにかかる費用についてまとめました。

モデルケースとして、自宅(事務所も自宅住所で登録)を引っ越し、私の所属先である「大阪府社会保険労務士会」宛に手続きをした際のケースをまとめました。
また、引っ越しは大阪府内から大阪府内のため、社会保険労務士会の異動はしない形での解説となります。

スポンサーリンク

おおまかな流れ

1・所属先の社会保険労務士会へ連絡
2・必要書類を郵送してもらう
3・添付書類を用意、申請書に必要事項を記入
4・必要な手数料を振り込む
5・変更事項を記入した用紙を社会保険労務士会へ送付する
6・新しい会員証、及び名札が届いた後、旧会員証・旧名札を返却する

所属先の社会保険労務士会へ連絡

 社労士会の問い合わせフォーム、もしくは連絡先に電話をし、引っ越し(移動)に関する概要を伝え、必要書類を指定の宛先まで送ってもらいます。
 私の場合は、問い合わせフォームに引っ越しの件を伝え、連絡した翌日に社労士会から確認の電話をいただきました。自宅の引っ越し=事務所の引っ越しであることを追加情報として伝えたところ、送付されてきた案内書面に担当の方から該当部分がわかるように、手書きで申請書作成にかかる補足をしていただきました。

必要書類を郵送してもらう

 案内書面等が申請後、およそ3~5営業日程で届きますので、中身を確認します。

添付書類を用意、申請書に必要事項を記入

 住所(自宅)の変更、並びに事務所の所在地の変更に必要な添付書類は、
・ 住民票の写し(原本送付、コピー不可)
・ 写真(35㎜×25㎜程度のもの)1枚(送られてくる写真貼り付け台紙に糊付けしたうえで返送します。)
・ 会員証(縦長の社会保険労務士証票ではなく、事務所所在地が記載されている方です。)
・ 名札(社労士登録をした際にいただく、ストラップ付きのものです。名札に関しては支部名が記載されているため、支部の異動がある場合にのみ、交換返却となります。)

会員証と名札については、新しい会員証、名札が到着した後に返却することになるため、変更申請書類を郵送する際は同封する必要はありません。

 申請書は3枚一綴り(複写式)になっていますので、同封の記入見本を参考にしながら記入します。
個人的に記載間違いをした点は、登録申請書内の「変更年月日」について引っ越し日(移転日)を記載していましたが、月を遡る届け出ができないとの注釈がありました。そのため、引っ越しは4月に行いましたが、手続き書面の送付は5月でしたので、変更年月日は5月1日付に書き換えて送付をしました。

必要な手数料を振り込む

 変更にかかる手数料は、各都道府県の社労士会によって違いがあると思いますが、大阪府社会保険労務士会では、当記事執筆現在は、変更登録申請が2,000円、個人会員証の書き換え手数料が1,000円の計3,000円となっています。
 振込用紙も同封されていますので、金額を自分で記入し振り込みます。ゆうちょ銀行のATMからキャッシュカードを使って振り込む形が手数料も安くスムーズに振り込めると思います。

振り込みを行った後、変更申請書を郵送する場合は「事務連絡票」(これも案内書内に同封されています。)に必要事項を記載し、返送します。
いつ、いくら、どこに振り込んだかを記載する用紙となります。
その「事務連絡票」にネットバンキングで振り込みをする際の振込名に関する留意事項の記載もありますので、同封の振込取扱票で振り込まない場合は、その点確認をしてください。

変更事項を記入した用紙を社会保険労務士会へ送付する

 下記のものを送付します。
・ 変更登録申請書
・ 事務連絡票
・ 個人会員証 写真貼り付け台紙(要写真貼付)
・ 住民票の写し

新しい会員証、及び名札が届いた後、旧会員証・旧名札を返却する

 当記事は送付段階で一旦アップをしていますので、新しい会員証が届く前となっています。送付後何日間で届くかわかり次第、当記事を更新いたします。

変更申請にかかる必要経費

【 変更手数料(\3,000)+ 振込手数料 + 写真代 + 住民票発行手数料 + 切手代 】
※ 変更手数料は大阪府社会保険労務士会が定めている料金です。

住民票に関する注意点

「住民票」に関しての注意点として、引っ越し(移転)前の住所(前住所)が記載されている住民票でないといけません
 同じ市内、区内での引っ越しの場合、”前住所”の項目が転居前の住所ではなく、市外、区外の住所情報が印字されている場合があります。
 私の場合もこれに当てはまっており、マイナンバーカードを使ってコンビニから発行したところ、引っ越しをする前の、さらに前の住所(他府県の住所)が記載されていたため、区役所の窓口で取り直すこととなりました。
特に自宅兼事務所の方が引っ越しをされた場合、「住民票」同封の際には、”前住所”の記載がされており、かつ(旧となる)個人会員証の事務所所在地欄と同じになっているかどうか確認した後に提出するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました