療養費

柔道整復

【管理施術者】院を掛け持ち開業、管理者不在の曜日に勤務施術者を置いたその日(曜日)でも保険請求は出来るのか。

有資格者が【管理施術者】として、2つの院を掛け持ちし、【勤務柔整師】のように別の施術者を置いた場合で【管理施術者】が不在となる曜日(【勤務柔整師】だけが滞在している曜日)について保険請求が可能かどうか厚生局に尋ねてみました。
療養費

【鍼灸・マッサージ】オンライン診察で同意書は発行出来るのか。

 コロナ禍の影響もあり、最近は診察をオンライン優先、もしくはオンラインのみに切り替えている病院も存在します。そこで気になるのは、同意書(再同意を含む)の発行をオンライン診察で行った場合、それが有効なのかどうか調べました。 結論 ...
療養費

【鍼灸・マッサージ】実務経験期間証明書の書き方

モデルケース ・ 開業する場所 / 大阪府内・ 開業日 / 令和3年4月1日を想定・ 管理鍼灸師になる人 / 鍼灸 太郎(はり師、きゅう師の免許保有)・ 実務経験期間 / ①令和元年5月20日~令和元年8月末日までの3か月間を〇〇鍼...
療養費

【柔整・あはき】施術管理者要件の実務経験について

特例対象者の場合、7日間(49時間程度)と示されているが、一般的な場合の”実務経験の期間を1年とする”についてはどれだけの時間勤務すればよいか。その疑問について近畿厚生局に尋ねてみました。
療養費

【鍼灸・マッサージ】特例対象者の実務経験”7日”について

【鍼灸・マッサージ共通】施術管理者の要件緩和  現在学生の方等は、下記のような条件で「実務経験1年」と言う条件が、7日(49時間程度)で要件を満たすこととなる特例が令和7年度(令和7年3月卒業予定者)まで決定しています。 ...
鍼灸・マッサージ

鍼灸・マッサージの施術管理者の要件追加(実務経験)について

概要・用語の定義  令和3年1月1日以降、はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師が、療養費の受領委任を取り扱う「施術管理者」として新たに申し出する場合、「実務経験」と「研修の受講」が必要となりました。 また、過去に施術管理者の経...
柔道整復

地方公務員災害補償基金(大阪)への請求方法【柔整】

概要  管理人が所属している柔道整復師団体の会員からの依頼で、大阪の地方公務員にかかる労災の請求について、協会事務長として、また社労士として申請のお手伝いをしました。 備忘録として請求から認定(振込)までの経緯を記しておきたいと思い...
タイトルとURLをコピーしました